icuniicuの長いツイート

どうも、@icuniicuと申す者です。Twitterに書きづらいツイートをもっと自由に呟きます。

大学4年間彼女ナシ男による、バチェラーの感想【シーズン1エピソード7まで】

バチェラーは凄い楽しいので、感想を残したい(ネタバレします)。

 

バチェラーは婚活サバイバル番組で、25人の女性が1人の男性の奪い合いをするという内容になっている。Amazonプライム・ビデオにて配信されている。

 

番組自体への感想

ローズセレモニーいいなぁ

話が進んでいくと、脱落者が選ばれるシーンがある。それがローズセレモニーだ。

バチェラー(唯一の完璧男性)が女性にバラを渡していく。バラを貰えなかった女性はそこで脱落となる。ローズセレモニーの度に女性の数は減っていき、最終的に1人が決まるという仕組みになっている。

ローズセレモニーのタイミングはかなり早いと思う。初回は最初の2時間で5人が脱落するローズセレモニーだった。これだけ早いペースで脱落者が決まるからこそ、女性からは悔いの残らないようなアピールが行われるんだと思うし、バチェラーは真剣に時間の使い方を考えるんだと思う。

高校生が最後の体育祭をめっちゃ頑張るみたいなのと同じ仕組みがそこにあって、青春を感じることができる

 

あと、時間が経てば自ずと結果が出るという仕組みがいいと思う。最近勉強ばかりしているけど、勉強って終わりがないからなぁ。

 

参加者のモチベーション、最初はそんな高くない

バチェラーという番組の最大の違和感は、「会ったこともない男性に、女性は恋に落ちることなんてあるの?」「何で出演しようと思ったの?」だった。そんな違和感を感じながら見ていくと、女性のモチベーションは最初はそんなに高くなかったんだと分かった。

回を重ねるごとにローズセレモニー(脱落者が選ばれるシーン)での空気は重くなっていった。最初は少し適当に参加していた人も、だんだん恋愛ゲームにのめりこんでいったんだろうと思う。

視聴者として、初回よりも次の回の方が緊張感を持ってみることができて、僕ものめりこんでいきやすいという仕組みもあるかもしれない。

 

恋に恋する仕組み

「成功する確率があんまり高くないけど、いけそう」みたいなことに人はのめりこむという話がある。自分の頑張りに比例して成果が出るなら、成果が欲しい時に頑張ればいい。しかし成果が出るかどうか分からないことに挑戦するとき、どれくらい頑張ればいいか想像がつかないので、ついつい頑張りすぎてしまう。だからのめりこんでしまう。一度のめりこんでしまうと、自分の頑張りが認められるまで(もしくは絶対に達成できないと分かるまで)続けてしまう。バチェラーを見ていて思い出したのはこの話だった。

「バチェラーを獲得するのは難しいかもしれないけど、1対1のデートしたことあるし、もしかしたらいけるかも?」と思い始めるとドンドンのめりこんでいくのだと思う。

 

余談だけど、この人間の特徴がパチンコ中毒を引き起こしているという話がある。打っても当たるとは限らない。けどたまに当たるのがいい。

 

バチェラーの脱落者の選び方、納得いかなくなってくる

視聴者として、最初はそこまでのめりこんでいなかった。ローズセレモニーで脱落者が決定されるときは「まあ、きっと妥当な選択なんだろうな...」と思っていた。しかし回を重ねるごとに、「何でそういう選択になるんだ!」みたいなのが増えてくるのめりこんでしまっているんだろうな...。

あと鶴さんがずっと選ばれ続けていることに関しては一貫してよく分かんないなとは思っている。鶴さんはバチェラーとの顔合わせで折り鶴を渡す。その折り鶴の中に手紙を書いているというサプライズ付きだった。それがバチェラーの心に響いたらしい。

初対面の人からもらう、折り鶴の手紙...うーん。バチェラーはそれが嬉しかったのか...。その手紙、なんか怖くないかな???

 

司会の人の立ち位置が絶妙

司会者もそれなりにカッコよく決めてくる人だった。でもバチェラーの絶対的存在感を邪魔しない、上手い立ち回りをしている。司会者の人選も、演技も、絶妙だなぁと思った。

圧倒的存在感の男性、そして猛アピールをする女性、そこをまとめる司会。司会はそのなかで、あまり性別を感じさせない立ち回りしてるのがいいなぁ。「男性」「女性」「司会」の3つの分類になるというか。見やすい。

 

男女逆バチェラー

あったら見てみたい。バイオレンスドラマになりそう。

でもあんまり実現しているのを上手く想像できないのはなぜだろう?男性バチェラーはとりあえず高収入、高学歴のイケメンを選んどけば成立っぽい感じになるけど、女性版バチェラーではどの要素で選んでいいのか分からないからかな。

 

バチェラーの弱点

Amazonプライムビデオだから、リアルタイムで誰かと感想を言い合うみたいなのがなくて寂しい。「そのアピールはないでしょ⁈」とか「こういうシーンよくない?」とか言いながら観たい。友達とポテチ食べながら観たい番組だと思った。少なくともTwitterで感想とかがリアルタイムで流れてきて欲しい。

 

細かい感想

「バラを受け取って頂けますか?」「ごめんなさい」

木村さんがバチェラーからのバラを断るというシーンがあった。最初からガンガン飛ばしていた木村さんだったので、「えええ???そんなことになる???」というビックリするシーンだった。

それと同時に、「木村さんが一番まともだわ」と思いなおした。25人の女性が1人の男性を争うということ自体、不健全で正気じゃない。それを再確認したシーンになった。

 

ゆきぽよ、楽しい

唯一のギャル、ゆきぽよのおかげで場が和んでて、楽しくみれる。

逆に空気を重たくする人もいる。個人的にはそういう人は見づらいなぁと思う。一方でバチェラーは重い人に対し、「真剣に思ってくれている人」という判断をすることが多い。それが視聴者としての僕と、参加者のバチェラーとのちょっとした差になっていて、たまにストレスになる。

 

僕が注目している人

バチェラーに似合う人:飯倉さん

実は僕はバチェラーの結末を知っている。出演者について検索してたら「バチェラー 蒼川 破局」という予測変換が出てきてしまったからだ。もし蒼川さんじゃなかったら飯倉さんかなぁとエピソード7では思っている。でもよくわからん。

 

えぐい人:岡田さん

とにかく自分を客観的に見る力とか、場の流れを読む力がえぐいと思った。もちろん気分の上下はあるけど、そんな自分を受け止めて、冷静に分析してた。今どう動いたら上手くいくかみたいな考え方が凄かった。

タイプの違う蒼川さんをライバルにするという考え方も面白かった。「自分とは違うタイプのライバルがいると燃える」という自分の特徴を理解しているからこそ、蒼川さんをライバルに設定した。そして蒼川さんが脱落しないように応援した(ライバルなのに!)。蒼川さんが脱落してしまうと良いライバルを失ってしまうからだった。自分の気持ちをコントロールする方法をこの人は知っているんだと思った。

 

 

「大学4年間彼女ナシ男」と自称したが、今のところ自分の恋愛経験については全然気にしていない。「バチェラー」と「大学4年間彼女ナシ男」を並べると面白いかなと思ってやってみた。

 

休学して、謙虚に自信をもつことができた話

お久しぶりです。農業系男子です。

f:id:ilohaspeach:20180902222311j:plain

 

謙虚と自信の融合

休学して、自分、謙虚になったなぁと思います。

ちなみに、僕、英語めっちゃ得意です(謙虚さとは?)。

 

「僕、英語めっちゃ得意です」

僕のいた環境は英語が当たり前だった

僕の通っていた国際基督教大学は、英語教育が盛んです。バイリンガルが沢山います。そして僕は昨年、オランダに10ヶ月留学していました。大学でも、オランダでも、そんなに英語は得意な方ではありませんでしたが、それでも英語は日常で普通に使うものでした。

ずっとそんな環境にいたので、英語を使うのが当たり前という感覚がありました。日本に戻ってきてからも、英語で欲しい情報を検索することが多いです。日本語で調べるよりも質の高い情報が手に入ることが多いので、とても便利だと思っています。

 

田舎暮らしで、英語が使えて、重宝された

そして、今、休学して田舎生活をしています。5~6月は山梨に、7月~大船渡です。

山梨のシェアハウスでは外国人がよく滞在しに来ており、僕は彼らと英語で会話していました。英語が喋れるので、日本人との通訳をしました。すると「ペラペラだね!通訳完璧だね!」と言ってもらえました。僕の周りにいた日本人のほとんどが、そういう評価をしてくれました。

そんな評価を受け、僕はとてもショックでした。なぜならその時僕の喋っていた英語は実はとてもたどたどしく、下手くそだったからです。でも、そこで気づきました。「この程度の英語を使うのって、彼らにとっては当たり前じゃないんだ!むしろ英語を話すこと自体が凄いことなんだ!

そのとき、僕は、自分の英語力がめちゃくちゃ高いことに気づきました。自分の大学では下手くそでも、オランダでは下手くそでも、日本人の中ではめちゃくちゃできると分かりました。

 

自分の英語力を知って、逆に辛くなった

僕は無力感を感じました。僕はシェアハウスの日本人に対して「英語は便利だし、外国人と話せたりするし、絶対練習した方がいいよ!」...とは言えませんでした。 彼らと僕とでは環境が違うからです。そして環境ってどうしようもないものだったりするからです。

まず、僕は国際色の強い大学に通わせてもらいました。両親は英語を話せました。高校で短期留学をし、大学では2度留学し、合計1年以上海外に住みました。こんな環境で育つと嫌でもある程度話せるようになります。そう思うと、僕のした努力なんてとってもちっぽけです。ちょこっと努力すれば話せるような環境でした

でもそういう環境が用意されていない人にとって、英語のハードルは物凄く高いように思えます。環境の整っていた僕でも苦労したことを、環境が用意されていない人がやるなんて、想像しただけで辛くなります。

 

恵まれた環境に気づく

今までは自分の英語力について、自分の努力の成果だと思っていました。僕が頑張ったから手に入った知識だ、僕の勉強量が多かったからだ、僕が学生時代の青春をエンジョイする代わりに、僕が他の人よりも勉強したからだ。でも、それって全然違うなと今は思っています。

下らない遊びを友達として、何の役にも立たないテレビ番組をみて、それでも余りある時間があって、学習環境が整っていたからこそ今の自分があります。僕は自分が必死で頑張ったわけではなく、そこにあった環境で利益を得ていました

 

まとめ

僕の英語力は、日本人の中ではとても高いと思います。しかし僕自体が凄いわけではありません。ただ環境が良かった、運が良かっただけです。僕は自分の運の良さを知り、以前より謙虚になりました。一方で自分の英語に一層の自信を持つことができました。

 

しかし、僕は本当に運がいいのか?

僕は英語が話せることがあたかも良いことのように書きました。しかしある人からこう思われるかもしれません。

「今は英語よりも中国語の時代だ。英語なんて話せたってなんの足しにもならん。育った環境のせいでおかしな教育を受けてしまったのだ」とか「大学なんて無駄。勉強するよりも、早く働き始めることの方が大事。大学に行ける環境があったせいで損をしてしまったのね」とか。

僕は英語を話せることをアドバンテージだと思っていますが、他の人からみると、ただ損しているだけに見えるかもしれませんね。そう思うと逆に少し安心できます。恵まれていないと思うと、逆に安心する現象です。

「何が人を動かすのか?」【英語記事まとめ】

何が人を動かすのだろう?例えば...
・お腹が減ったらご飯を食べたい
・勉強ばかりで退屈だから運動をしたい
・友達と海外旅行に行きたい

人が「〇〇したい」と思うとき、その背後に何があるのか知りたくなった。少し調べて自分が重要だと思ったことをまとめようと思う。


行動の理由はどこにあるのか?

www.psychologytoday.com

 

1. 本能の理論 / Instinct Theory

生まれつきしたいもの。人間の重要な理論である。
しかしこれだけで全てを説明できない。

2. 衝動を抑える理論 / Drive Reduction Theory

人はホメオスタシス(体内を一定の状態に保とうとする傾向)がある。これがしっかり寝たり、リラックスする動機になっている。
しかしこの理論では「スリルを味わいたい」というような欲求を説明できない。

3. 活性理論 / Arousal Theory

衝動を抑える理論とは反対に、活性理論では「人は刺激を欲しがっている」という立場をとる。活発に活動することでエンドルフィンを得られるからだ。一方で人は活発すぎるのも不快に感じる。したがって、活性理論では「人それぞれにちょうどいい活性レベルがある」とする。ちょうどいい活性レベルで活動出来れば、人のパフォーマンスは最大になる。

※Arousalは一般的に「覚醒」と訳されるみたいだが、活性の方がいいと思った。

4. 認知の理論 / Cognitive Theory

内発的動機づけ(自分自身のやる気)と外発的動機づけ(お金、名声など)の話だ。例えば趣味で釣りをするとする。ここであなたが釣った魚に他人がお金を払い続けるようになる。もともと楽しくてやっていた釣りだが、だんだんお金のために釣りをするようになる。すると釣り自体の楽しさを忘れ、やる気がなくなっていくという話だ。
認知の理論には問題点がある。認知の理論に基づくと、お金をもらってしまうと人はやる気を失ってしまうことになる。現実にはやる気を出しながらお金をもらって働く人もいる。このような人を認知の理論は説明できない。

5. 決定理論 / Self-Determination Theory

仕事では内発的動機づけと外発的動機づけを両立しなくてはならない。そこで認知の理論を改善したのが決定理論だ。決定理論では、「自分で自分の行動を決定しているという感覚」が重要だとする。仕事では、他人から指示されることが多く、縛られている感覚に陥る。これを解消するためには、少しでもいいから従業員に決定権を与えることだ。


活性理論をもう少し調べる

僕が一番面白いと感じたのは活性理論だった。最適な活性レベルがあるのだとしたら、それはどの程度なのだろう?数値化できるのだろうか?もう少し探ってみる。

www.enotes.com

休んでいるときの活性レベルが重要

人には休んでいるとき、最低の活性レベルになる。この休んでいるときの活性レベルが基準となり、人の行動を決めているという説がある。
休んでいる時の活性レベルが比較的低い人は騒音、混雑、興奮などに強く、そのような外部の環境をあまり気にしないとされる。もともと活性が低いので、その分外部の影響から上げる必要がある。一方で、休んでいる時の活性レベルが高い人は、あまり活発なことを好まない。騒音や混雑を避け、1人の時間を過ごすことを好む。もともと高い活性レベルがあるので、それ以上の刺激を好まないのだ。


時間と環境の影響

活性にはいい意味の活性と悪い意味の活性がある。活性が低い時、それを退屈と感じることもあれば、リラックスできていると感じることもある。活性が高い時、それをイライラと感じることもあれば、興奮に感じることもある。これはその時々、環境によって変わる。

活性がパフォーマンスに与える影響

活性は、人のパフォーマンスの高さに影響する。難しい課題が与えられたり、人前で何かをするとき、その人の活性レベルが影響する。
難しい課題が与えられたとき、ちょうどいい活性レベルを保てば最高のパフォーマンスができる。一方で簡単な課題を与えられたとき、活性レベルは関係ない。
周りに人がいるというのは、パフォーマンスに影響する。簡単な課題なら一人でやるより効率よくこなすことができる一方、難しい課題ははかどらない。これは社会的促進(social facilitation)と呼ばれる。これは人が周りにいるというだけで活性レベルが上がるからだと考えられる。

活性と意思決定の関係

活性レベルが高くなるほど視野が狭くなり、活性レベルが低くなるほど視野が広くなる。

活性レベルがある程度高くなると、重要なことに集中して考えることができるのでいい決断ができる。しかし活性レベルが高すぎると、重要なことさえ見落として考えてしまい、良い決断ができない。

活性と感情の関係

活性レベルが高いと、些細なことで感情が動いてしまう。例えば自転車に乗ってエクササイズしている人は活性レベルが高い。その時に怒ると、普通よりも大きな怒りの感情が湧いてしまう。一方自転車から降りて冷静に戻ると、怒りの感情は収まっていく。つまり活性レベルは感情の高ぶりに影響する。

 

 

地方でバイトするのか?都会でバイトするのか?

これから岩手県でバイトして暮らそうと思っているのだが、1つ疑問点がある。「どっちの方が楽な生活が送れるのだろうか?」ということだ。結論は、どっちもどっちということになった。なぜか?

2つの観点から考えていきたい。1つ目は支出の違い。2つ目は便利さの違いだ。

 

ゆる~く働くなら地方、ガッツリ働くなら都会

まず支出を比較する。

都会と地方で大きく異なるのが家賃だ。都会では家賃40000円、地方は20000円とする。その差は20000円だ。それ以外の支出は大して変わらないものとする(シェアハウスに住むのを前提に、家賃は安く見積もっている)。

次に収入を比較する。

都会でバイトすれば、1000円/h程度もらえるのに対し、地方でバイトすれば800円/h程度だとする。

 

したがって、家賃は都会が20000円ほど高いが、その分収入も都会が200円ほど高いということになる。月に100時間働けばその差はひっくり返り、都会の方が楽に収入が入る。一方で100時間も働かないなら地方の方が楽に収入が入ると言える。

上に書いたことを下でグラフにした。都会(オレンジ)では家賃40000円分の支出を背負っているが、自給が高いので100時間の労働で地方に追いついている(地方は家賃20000円分の支出からスタート)。

f:id:ilohaspeach:20180722101421p:plain

 

僕は月に80時間程度(64000円/月の収入)しか働かない見込みなので、この論理なら地方の方が楽に暮らせると思われる。

 

色んなところに行きたいなら都会、近場で済ませられるなら地方

次に便利さの比較をする。地方の方が不便だ。

例えば交通費が多くかかる。10月にIT系の資格試験を受けにいくのだが、盛岡まで出るのに往復8000円かかる。朝早い試験なので前日に泊まる場所が必要で、これに4000円くらいかかる。その試験を受けに行くだけで12000円程度の支出になると分かった。

これが東京なら往復2000円ほどの交通費で済むだろうから、そこで10000円の差がでてしまった。

交通で考えると、地方はすぐ近くにコンビニなどがあるとは限らないから、そこも若干不便だ。

 

しかし地方の強みはその土地代の安さだ。僕は農業をもうちょっとやりたいと思っているので、その点で地方が便利だ。東京で農業するにはお金がかかる。

 

まとめ

お金を節約するためには地方で活動すればいいと何となく考えていたけど、都会も悪くない選択肢ではあるのかもしれないと思った。インターンなどをするために、冬ごろから東京で過ごそうかと考えたり。どうしようか。。。

ランクの高い美容師は何が凄い?

今日はチェーンの美容室に髪を切りに行った。担当者は26歳で店長になった腕利きの美容師だった。チェーンの美容室にはランクというのがあり、ランクの高い人を指名するにはそれなりにお金がかかる(今回はたまたま手が空いていた店長クラスの彼に安い値段で切ってもらったのだが...)。ランクがどのように決まっているのかを聞いた。

僕「ランクってどのように決まっているんですか?技術が高さなのか、接客の上手さなのか...」

彼「どれだけお客様に満足してもらえるかですね」

僕「つまり指名をどれだけ取れるかということですか?」

彼「そうですね。年齢は関係なく、お客様に支持されている美容師は高いランクになります。技術も接客も半々くらいに重要ですね」

僕「芸能人のスタイリストにはどうやってなるんですか?」

彼「青山や表参道で働いていると、そこに芸能人が訪れることが多いので、そこからですね」

結局指名が多ければいいんだ~と思った。だから美容師さんってお客さんに話しかけるんだと納得した。確かに「気まずくない美容師さん」「話の合う美容師さん」の方に切ってもらいたいと思うし、美容師さんの接客って重要だなと思った。

 

髪を切ってもらっている最中、当たり障りのない雑談をしていた。「何をされてるんですか?」「大学生なんですけど、今休学してて...」「へぇ~、活動的ですね」みたいな。たまに他のお客さんが出入りしていたのだが、その度「ありがとうございました~」と担当の彼が言っていた。その声がよそ行きの声というか、接客用の声だった。

僕の散髪が終わった時、彼がまた声を変えて「大変長い間お疲れさまでした」と言った。その声は、接客用の声と、雑談の声のトーンが混ざったような、変なトーンだった。さっきまで親しげに話していたのに、急に声を変えていることに違和感を感じた。しかも何か気まずい。接客が重要なら、そういうの不安になるから止めて欲しいと思いつつ、チェーン店のルールなんだろうなとも思った。

こういう細かいところが気になっちゃって、気まずさや居づらさを感じてしまう。チェーン店のこういう無駄に丁寧にしようとするルールがしんどい。だからやっぱ美容室とかはチェーン店に行きたくないんだなと再確認した。

緊迫したときの行動(YouTuberから学ぶこと)

気晴らしにYouTuberのゲーム実況を見ていることが多い。その中でも『ポッ拳DX』で世界一の実力を持つ「がにこす」が面白いことを言っていた。下にリンクを貼っておく(6分9秒から戦闘シーン、8分48秒からがその解説シーン)。

youtu.be

1gg?t=8m48s

やっぱね、緊迫した状況って、最後ね、同じ行動をやるんだよ、人って、選択肢として。うん。やっぱ自分が一番信用している択をするから。さっき(前回の試合で)あの人(対戦相手)はそこ(一番最後の技)で「暴れ」をしたから、ここ(今回の試合の最後の技)でも多分「暴れ」をするだろうということで、こっちが「暴れ」に勝つ択をしたというね

 

ポッ拳格闘ゲームだから、一瞬で判断してボタンを押していく必要がある。だから考える時間が殆どない。

それでも体力がたくさん残っていたり、試合が始まったばかりだと、気持ち的に余裕があるから、冷静に行動することができる。でも、試合が終盤に差し掛かり、あと一秒で試合が決まってしまうという緊迫した状況に追い込まれたとき、冷静な判断ができないことが多い。

「あと一手で勝負が決まるというとき、人は一番信用している選択肢を取ってしまいがち」

ダルそうにしている学生がモテる理由

ダルそうな人が意外とモテたりした学生時代

友達とつるむのが好きで、授業中はダルそうにしている学生。パッと見だらしないように見えるのですが、意外と彼氏彼女がいたりします。逆に先生の視線を気にしながらガリガリ勉強している人がモテるという印象はありません。

f:id:ilohaspeach:20180717114319p:plain

ダルそうな人は、制服をダラっと着て、ちょっと遊び心あるファッションにしたりします。先生に従順ではなく、自由にやっている感じがします。彼らがモテる理由を考えてみると...オシャレのセンスがあったり、大人にも反抗できる度胸だったり。いくつか考えることができます。

 

怠けている人も役割があるという話を書いたのでよかったら読んでみてください。

icuniicu.hatenablog.com

 

彼らはどうしてモテるのか?それを伝統芸能の体験をしながら考えていました。

 

体の力を抜くことの重要性

山梨にいた間、かつてICU伝統芸能について教えていたおばあさんに出会いました。その縁で、1度だけ彼女に「さんさ踊り」という踊りを習いに行きました。彼女が重要視していたのは「力を抜く」ということです。

無駄に力を入れないこと、自然な体の動かし方で踊ることが重要だと言っていました。これは伝統芸能に共通することだそうです。

力が抜けた方が美しい。だから男性よりも女性の方が美しく踊ることの方が多い。若者よりも年寄りの方が上手いことが多い。力がそもそも少ないので、上手くなりやすいということです。

 

力を入れない動きは美しい

僕は人生を通じて優等生タイプで、大人が喜ぶように行動していることが多かったです。他人の視線をちゃんと気にしているので、緊張しやすかったり、すぐパニックになったりします。

一方ダルそうにしている学生は、リラックスしています。自分のやりたいようにしようとします。自分に自信があります。だから彼らは無駄な動きが少なく、物事を効率よく、そして美しくこなすのではないか?というのが僕の仮説です。

 

まとめ

自分に自信があったり、普段リラックスした態度を取る「ダルそうな」学生。この人たちはリラックスしていて、楽しむ力が他の人より強いような気がします。また恋愛においても、「好きな人」と話すときにリラックスしやすいのではないでしょうか?だから、結果上手くいくみたいなことがあるのではないかと思います。

とにかく力を抜いていると、体力を消耗しないし、ストレスも溜まらないし、それなのに良い成果を残すことができます。女性やお年寄りが伝統芸能が上手なように、最初から力を抜いて挑めば、上手くなるのもコツをつかむのも早いのでは?

もちろん短期戦なら力を入れてゴリゴリやるのもありかもしれませんが、日常的にはリラックスしている方が色々上手くいくのではないかと思いました。