icuniicuの長いツイート

どうも、@icuniicuと申す者です。Twitterに書きづらいツイートをもっと自由に呟きます。

「国旗を飾る」ことへの違和感

僕は今留学していて、寮に住んでいます。そこには同じ大学に通うインターナショナルな学生が沢山住んでいて、そのうちの何人かと友達になりました。

僕の友達の中には、自分の国の国旗を部屋のドアに飾ったり、共用スペースに飾ったりする人がいます。僕にとってそれは奇妙なことでした。僕は日本生まれ日本育ち、親も両方とも日本人です。正月におせちを食べないと悲しい気持ちになります。そんな純粋な日本人であるにも関わらず、僕が生まれ故郷である日本の国旗を飾りたいと思うことがないからです。

 

その理由を考えてみました。

 

まず、自分の国の国旗を掲げるという行為自体からエスノセントリズムを感じるからだと思います。つまり「自分の国いい国です」と主張したいように思えます。自分の国の国旗だけを掲げるって何か変だなと感じます。

そもそも国旗は政治的なシンボルです。政治は他国の利益がどうであろうと気にしません。自国の利益を最大にしようとするものだと思います。そういった意味でとても排他的なもののように思えます。「出身地に関わらず人間は平等」って発想があれば国旗って不要なんじゃないかと。

政治から生まれた国旗は僕にとってはちょっと気持ち悪いものです。

 

次に僕が日本人であるということに誇りを持てないということもあります。例えば日本の電車に乗っていると、降りる人を待たずに乗ろうとする人がいたり、ちょっとぶつかっただけでキレる人がいます。例えば日本人には在日外国人に異常に敵意を持っている人がいます。生活していれば、嫌だなと思う人はたくさんいます。

もちろん仲のいい日本人の友達はたくさんいるのですが、その一方で嫌だなと思う日本人もたくさんいます。だから「日本全体が好き!」とは思えないのです。

 

 

僕と僕の仲のいい友達で旗を作りたい。そうしたらそれを飾って、それを誇りたい。