icuniicuの長いツイート

どうも、@icuniicuと申す者です。Twitterに書きづらいツイートをもっと自由に呟きます。

クセになる気持ちよさ

気持ちいいクセの特徴

「最初はつまんないのに、だんだん面白くなっていく」やつ。または「つまんないのに、なぜかまた見たくなってしまう」やつ。共通しているのは、最初は「ちょっと嫌い」と思っていることだと思う。「ちょっと嫌い」くらいのものほど、噛めば噛むほど好きになってしまうという現象がある。

例えばビール。最初はめちゃ不味いじゃんって思ってたけど、飲み続けることでクセになっていく。生姜もそうだし、大根おろしもそう。

例えば宗教。毎日お祈りするのは最初は面倒かもしれない。でもそれがだんだん自分の支えになってくる。

例えばバナナマン日村。ブサイク芸人って言われるけど、何度も見ているうちに、日村の顔に安心感を覚えるようになる。

最初に「なんかちょっと違う」とか「なんかちょっと嫌い」とか「クセが強いな」と思っているほど、何度も何度も触れるうちにハマってしまうという傾向がある。

 

なんで「ちょっと嫌い」が結果的に「イイ!」になるのか

なんで「ちょっと嫌い」のものにハマってしまうのか?それは飽きにくいからだと思う。
最初から「好き!」ってなってるものは、何度も経験していくうちに飽きてきて、だんだん面白くなくなってしまう。
逆に最初は「ちょっと嫌い」ってなってるものは、だんだん慣れで「好き」に変わっていく。その過程では飽きることはない。もちろん「好き」のピークはくるかもしれないけど、味が長続きする。

 

クセの作り方

あえてクセを作ってみたいというとき、どうすればいいだろうか?ちょっと考えてみた。

①テンプレをつくる

「ちょっとウザい」「ちょっとめんどくさい」「ちょっと嫌」くらいのことを考える。

②特定のタイミングで繰り返す

それを行うTPOを設定する。そしてそれが来たら繰り返していく。最初は「これ超つまんないな~」と思うかもしれない。でも愚直に繰り返すことで味になっていく。

 

ちなみに

僕は今、自分のTwitterの名前に「(ポズィティヴ)」って付けてる。

「ポズィティヴってなんだよ。ポジティブだろ」って思う。でもきっとそのうちこれが大好きになっているかもしれない???

 

気持ちいいクセ、他にもないかな?

例えばBBQ。僕はあんまりBBQが好きじゃなかった。片付けがめんどくさいし、服が臭くなるし、火起こしに時間がかかるし。。。嫌なところは結構ある。でも大学で何度も何度もBBQしていくうちに「友達と小旅行行くならBBQやりたいよね~」と思うようになる。

例えばアイスじゃんけん。コンビニに行く度、友達とじゃんけんをして、負けた人が全員分のアイスを奢るというもの。金欠だろうと関係なく、やりたくなってしまう魅力がある。

例えば三四郎小宮。「バチボコ」は一番最初聞いたときはビックリするかもしれない。でも何度か見ているうちに、小宮の「バチボコ」待ちをしている自分に気づく。

例えば石ちゃんの「まいう~」。「なんかもう飽きたしいいよ」と思いつつも、言わなかったら言わなかったで「言ってくれよ」と思う。