icuniicuの長いツイート

どうも、@icuniicuと申す者です。Twitterに書きづらいツイートをもっと自由に呟きます。

守らなくてもいいルール

バスケの不可解なルール

f:id:ilohaspeach:20180414194022p:plain

中高バスケをやっていた当時は気づかなかったんだけど、大学生になって気づいたこと:「プレイヤーはルールを守らなくてもいい」ということ。

例えば、そもそもバスケのルールブックでは体の接触を禁止している(少なくとも僕がプレイヤーだった当時はそうだった)。でも実際の試合では何度も体の接触をしている。

なぜか?まず審判がすべての身体接触を見ることはできないこと。そして身体接触を見つけてもどちらが悪いのかを判断できないこと。またすべての身体接触で逐一プレーを止めてしまったら試合がつまらないものになってしまうこと。いろいろある。

だから大抵はスルーされる。だからバスケの練習では、相手に当たり負けしないように体を鍛える。...え?それって身体接触を前提としていない?

当時の僕はなんか釈然としなかった。「身体接触=悪いこと」だとするならば、やらないほうがいいのでは?と思っていた。僕は先生にとってずっと「いい子」を演じるようなタイプだった。だから特にルールに対して従順だった。

でも試合で活躍するプレイヤーは体が強く、それを活かして相手のディフェンスをこじ開けたり、相手のオフェンスを抑えるプレイヤーが多かった。

僕が言いたいことは、馬鹿正直にルールを守っていると損をするということだ。

 

つまり

①ルールブックと実際に適用されるルールは違う。(どちらが悪いとも言えない身体接触はファールではない)

②ルールは罰則がないと意味ない。(審判が見ていない身体接触はファールにはならない/どちらが悪いとも言えない身体接触はファールにならない)

③これらを理解したうえで、ルールブックを状況に応じて無視できる人は有利に立ち回れる。

 

YouTube著作権

YouTubeには違法動画がたくさんあるわけだけど、それに対して「著作権法に違反しているからやっちゃダメだよ!」っていうのは全く無意味だと思う。なぜなら罰則が足りないから。違法動画を上げているのが見つかっても、せいぜいアカウントをbanされるくらいで、実際に逮捕までいくのはそんなにないと思う。その一方、違法動画で利益が上がるということを多くの人が知ってしまった。

本当にこの問題を解決したいなら、動画投稿者に「違法だからやめろ!」っていうのは何の意味もないことだと思う。だって投稿者はそれが違法だって知っててやってるわけだし、倫理観で押さえつけようとしても無駄だと思う。だからもし本当にYouTubeの違法動画問題を解決したいなら、意味のある罰則を用意しないといけない。

 

僕は最近「教授にメールする」ということを学びました

何度か話したことのある教授にメールを送るのはできるけど、話したことのない人にメールを送るのをためらっていた。時間が少なくて大変だろう教授に、僕のような一生徒のために時間を使わせるのがなんとなく申し訳なく思う節があった。僕の中の正義感的なルールに縛られていた。

でも成功する人、頭のいいひとは何のためらいもなくメールするんだろうなとも思った。だって自分に利益があって、何の罰則もないのだから。そういうことを活用しない手はないと。

最近はルール・倫理観・正義感を上手に破っていく能力というのも必要だなぁと思う。

 

まとめ

「ルールブックに『〇〇をしてはならない』と書いてあるから、それはやっちゃダメなんだよ!」

この考え方を持っておけば確かに問題は起こらないんだけど、あんまりいい考え方ではないと思う。

「〇〇をすると△△という罰則があるから、それはやるべきではないよ」

という考え方を持っているほうが人生うまくいくんじゃないかと思う。逆に

「〇〇をすると△△という罰則があるが、利益が上回るので問題ない」

という考え方というか。