icuniicuの長いツイート

どうも、@icuniicuと申す者です。Twitterに書きづらいツイートをもっと自由に呟きます。

【スマイル・サイエンス】ポズィティヴ期間終了

1週間前からポズィティヴ期間というのをやっていた。内容は「できる限り笑顔でいる」というものだった。部屋にいるときも、人と会う時もできる限り口角を上げている。

f:id:ilohaspeach:20180416035118p:plain

エジプト文明の神様みたいな笑顔となってしまった)

個人的に表情を動かすことは好きで、そんなに苦ではなかった。やっぱ根がネガティブっぽいから、常に口角を上げているだけでも心持ちは多少変わってきて、心境の変化は確実にあったと思う。

 

ポズィティヴ期間中に感じたことが3つある。

①自分に自信がつくこと

②勉強のストレスが軽減されること

③現状に満足してしまう

 

①自分に自信がついた

根拠のない自信がついた。なんでもやれるんじゃないかという万能感があった。人と話すときも以前より堂々としていた(悪く言えば横柄)。人と話すのが怖くなくなった。他人に気軽に話しかけたりできた。

Twitterのつぶやきや、ブログの内容もなんだか上から目線になっていた。

自信がつけば上からっぽくなるし、ここはトレードオフがあるんだな~。もちろん気を付ければ修正することもできるが、気が大きくなっていると細かいところに気が向かなくなる。

 

②勉強のストレスが軽減された

面倒な勉強も口角を上げながらやると、ある程度ストレスを抑えられるということは分かった。「勉強辛いぃ...」ってなってるときには使えるかもしれない。でもこれには副作用があるということに気づいてしまったかもしれない→③へ

 

③現状に満足してしまう

序盤は勉強のストレスが少なくなくていいな~と思っていたが、思わぬ副作用があった。日が経つにつれ、だんだん「勉強しなくてもえんちゃん?」と思いがちになってくる。勉強しなくても自分に自信を持ててしまうのは僕にとって問題だったかもしれない。

僕に成長欲があったのは僕のネガティブが影響していたのかもしれない。「僕はできないヤツだ。少しずつ勉強して周りの人に追いつこう」のような心理が僕を後押ししていたんじゃないかと思う。最近は成長しなくても落ち込まなくなってきた。

 

まとめ

落ち込みがちな「宿題が詰んでいるとき」「テスト前」などにスマイル発動すれば強い。なんもないときにスマイル発動すると逆効果かも?