icuniicuの長いツイート

どうも、@icuniicuと申す者です。Twitterに書きづらいツイートをもっと自由に呟きます。

偉そうでウザい人、偉そうなのにウザくない人

日本について、変だと思ったことがありました

日本に帰国してから2週間が経ちました。

オランダにいた間は「日本とオランダって大して変わらないな~」などと思っていました。もちろん色々違いはあるのですが、言うほどじゃないと感じでした。英語通じますし、普通に住めますし。

ですが帰国した瞬間「日本って変な国!」という人生で初めての感覚を覚えました。オランダと日本は全然違う国じゃんという衝撃。色々気づくのは帰国してからなんですかね。

 

まず帰国しておかしいと感じたのがお辞儀です。日本に到着して飛行機から降りるとき、添乗員さんがとても深々としたお辞儀をされました。それを見て気持ち悪いと思いました。

もし僕が添乗員さんと対等な関係である場合、僕も深々としたお辞儀を返さなくてはなりません。しかし恐らく添乗員さんは僕がお辞儀を返すことを望んでいません。つまり添乗員さんの方が人間関係において下であるという雰囲気が出てしまいます。

でも実際は僕と添乗員さんは対等だと考えるのが普通だと思います。お金とサービスを交換しただけですから、上下関係はありません。なので、添乗員さんが深くお辞儀をするのは変です。

一方オランダの飛行機の添乗員さんは、同じシチュエーションで「Thank you」「Have a nice day」みたいなことを言うだけだと思います。

 

「僕たちお互い対等じゃん!?」の方法が違っていた

どうしてこの違いが出てくるのか考えたとき、これは日本とオランダ(恐らくヨーロッパの多くの地域)のコミュニケーションの取り方の差にあると思いました。具体的には「お互いが対等だということをどうやって示すか」というところに違いがあるのだと思います。

お互い下げあう日本

日本ではお互いを下げることで対等だということを表現します。

  • もし相手がお辞儀をしたら僕もお辞儀を返す。
  • 「恐れ入ります」「こちらこそ恐れ入ります」。
  • プレゼントを「粗品」という名前で渡す。

まず僕は自分を下げて、それに呼応して相手も相手自身を下げて、それに呼応して僕はまた自分を下げて...という繰り返しをすることでお互いが対等であるということを示しています。

お互いを上げるオランダ

オランダでは日本みたいなことは起きませんでした。どちらかというと僕が相手を上げて、それに呼応して相手が僕を上げて、それに呼応してまた僕が相手を上げて...という繰り返しをしているのではないかと感じました。

f:id:ilohaspeach:20180609174828p:plain

  • 大学の教授、スーパーのレジの人、サブウェイの店員さん...笑顔で話しかければ年齢関係なく向こうも笑顔で話してくれる。
  •  道を歩いている"知らない人"に笑顔で"Hi"っていうと向こうも"Hi"/ウインクのお返しがくる。

あまり謙遜したりしないけど、お互いのいいところについて褒めたりする回数は日本よりも多いのかなと思いました。そうやってお互いが対等であると示しているのではないかと思いました。

 

偉そうな人が日本で異常にウザい理由

この考え方を使って、日本人が偉そうに話すと異常にウザく感じる理由も説明できると思います。オランダ(そしてその周辺地域)では偉そうでも、相手を上げ(褒め)さえすれば問題はありません

しかし日本の文化では、偉そうな人はほぼ必ず相手を見下しているということになります。日本で相手と対等だと示そうとしたら自分を下げるという慣習があるからです。

オランダでは「偉そうに振る舞う⇒相手を見下している」が必ずしも成り立ちませんが、日本では成り立ってしまいます。

特にテレビやラジオなど、大勢の前に出る日本人はできる限り丁寧で下手に出ていると思いますが、日本の文脈では偉そうな人はウザいからです。しかしオランダの文脈ではそうではありません。だからテレビに出る司会者などは必ずしもかしこまっていません。

日本では出る杭は打たれるとか、そのようなことも日本人の文脈で説明できると思います。「僕はすごいことをやっています!」と言うと、「少しは謙遜しろ!」と言い返されてしまうのだと思います。でもこれは日本の外では必ずしも成り立っていないことです。相手を上げればOKという文化もあります。

 

あとがき

最近フランス人の友達からメッセージが来ました。一緒に暮らしていた時にはあまり会話したことがなかったし、仲が良い感じではありませんでした。しかしそのメッセージではやたら僕を褒めてくれました。フランスでは、あまり仲が良くない時には相手を上げておくというのがあるのかなと思ったり。それがヨーロッパの雰囲気なのかなと思ったり。

もちろん仲が良い間柄だったら、その友達をいじるとか、ふざけてその友達を下げるとか、ヨーロッパでもよくあることだと思います。