icuniicuの長いツイート

どうも、@icuniicuと申す者です。Twitterに書きづらいツイートをもっと自由に呟きます。

有機野菜は美味しいの?

有機野菜って実際どう?

僕が住んでいたシェアハウスでは、農薬や化学肥料を使っていませんでした。このように育てられた米や野菜は確かに農薬の心配がないので体にも良さそうですし、環境にも優しいと言うことができます。

ただ、1つ、消費者にとって大きな疑問があります。「有機野菜とそうでない野菜、どっちが美味しいの?!」

f:id:ilohaspeach:20180711153938p:plain

昨日スーパーで買い物していたら、試食コーナーのおじいちゃんが話しかけてきました。「最近のたべものは化学調味料ばっかりだろ。最近の若い人は、にぼしで出汁をとったことないだろ。ここで売ってるにぼしは日本一美味しいんだ」。

彼は今日もスーパーで声を張っていました。彼の言葉はなんだか胡散臭く聞こえました。頑固おやじみたいでした。そんなに化学調味料が悪いのでしょうか?

 

ここで僕の立場を明らかにしておこうと思います。僕は農業について詳しくありません。しかし1つだけ断言できることができます。「スーパーで安く買う野菜と、僕のいたシェアハウスで育てた野菜の味は、明らかに何かが違う!」「シェアハウスの野菜(つまり有機農法で育てた野菜)の方が美味しい!」。加えて言うと、「化学調味料は使わない方が美味しい!」ということです。

これは僕が体験したことです。だから真実だと思っています。僕はこの原因を正しく説明できませんが、そのヒントとなるものを手に入れました。

 

原因はどのようなものがあるか?

ヒント1:野菜が栄養をうまく吸収できていない?

化学肥料を用いると、植物を早く大きくすることができます。つまり、野菜の生長を急がせるということです。その短い時間では、野菜が十分な栄養を摂取できていないのかもしれません。

また、化学肥料では土の中にある栄養素に偏りが出てしまう可能性があります(窒素ばかり多くて、それ以外が不足など)。その結果野菜が十分に栄養を取れていないのかもしれません。

 

ヒント2:土の生物が足りていない?

農薬、化学肥料によって、土の中の生態系が失われかけている可能性は十分に高いと思います。虫が近づかないように殺虫剤をまいたり、雑草が生えないように除草剤をまいたりすれば当然起こることです。

生物は土の中で動いて、土を柔らかくしてくれます。そして土に栄養を与えてくれます。なぜ栄養が生まれるか、それは例えばこういうことです。生ごみを土の中に埋めると、その生ごみを微生物が分解してくれます。この過程で、微生物は生ごみを細かくして、植物が吸収しやすい形に変えています。

雑草にも役割を持たせることができます。雑草の根が育つことで土がかき混ぜられます。つまり柔らかくなります。また、雑草を刈って土に置いておくことで、微生物が分解して栄養になります。また、雑草を土に置いておくと、土の温度を保ちやすくなります。

生物がたくさん住んでいる土の方が美味しい野菜になりやすいのではないでしょうか。

 

ヒント3:化学肥料を使わないだけで、肥料は使っている

僕のいたシェアハウスでは、乳酸菌や酵母菌を畑にまいたり、コンポストで肥料を作ったりしていました。化学肥料に頼らない方法でも十分に畑に栄養を与えることはできます。

 

他にも工夫できることはあります。例えば大豆は根っこに窒素を蓄えます。だから大豆を育てた後の土には窒素が多くあります。大豆を植える場所、時期を工夫することで他の作物の手助けができます。

 

現在の主流は農薬や化学肥料を使った農法です。しかしそれを使わなくても十分に美味しい野菜が作れます。むしろそっちの方が美味しいと僕は思いました。(ただし手間はかかります)

有機野菜に対する反論:苦みや毒を出す野菜に育つ

僕のシェアハウスを出て、他の農家の人に話を聞く機会もありました。そこで有機野菜に対する反論に出会いました。彼の主張はこうでした:「有機農法は農薬を使わないので、野菜たちは自力で自分の体を守る必要がある。その過程で毒や苦みを持つ野菜になってしまう。その毒や苦みは、農薬と比較してなお良いものだと言うことができるのだろうか」。

僕はそれを聞いて、「う~ん。どっちが正しいのだろうか」と悩みました。しかし僕の舌は、有機野菜なのに甘く育った野菜の味を覚えていました。この主張は僕の経験から否定することができました。

 

まとめ

僕には農業の知識がほとんどありませんので、正しいと断言できることはほとんどありません。有機野菜が全て美味しいかは分かりません。

ただ、僕はこの一ヶ月間で食べ続けた野菜がとても美味しかったということを知っています。スーパーで安売りされている野菜よりも美味しい野菜の存在のことを!

これはいくら言葉で説明を書いたところで誰にも伝わりません。きょうもスーパーのおじいちゃんは声を張っていました。彼の気持ちは分かります。彼が若かったときの食生活の方が健康的で、美味しかったのだろうと思います。でも、きょうも、お客さんには伝わってないだろうなあ。