icuniicuの長いツイート

どうも、@icuniicuと申す者です。Twitterに書きづらいツイートをもっと自由に呟きます。

農的な生活によって僕の肉体が変わった?

山梨で一ヶ月農作業をしていました。また、食事も野菜中心で、化学調味料を使わない生活でした。その間に僕の体に変化があったので、それをまとめたいと思います。

 

まず一つ目、どうでもいいことから:日焼けしました。

日焼け止めを塗らないと日焼けします。塗るべきだったなぁと若干後悔しつつ、でも黒さもいい味になるだろうと思っています。

 

次に、目つきが変わりました。

動物的な目つきになると思います。少し目の粘膜が濃くなります。目力が少し上がると思います。ただしこれはシェアハウスで働いていた人全員がそうなっていたわけではないです。数人そういう人が混じっていました。僕も若干そういう目に近くなっていたと思います。写真がないので信ぴょう性はないのですが...。

 

最後に、舌が変わりました。

これは食事のせいだと思います。シェアハウスでは化学調味料を使った食事が食べられませんでした。コンソメもないし、だしの素もないし、とにかく市販の化学調味料を使った商品は一切ありませんでした*1

その結果、舌が敏感になりました。

「一ヶ月で味覚変わるの?」と思われると思います。それに気づいた経緯なのですが...

農作業が休みの日に、外食することがあります。そこで特にお肉や油っこいものを食べると舌がヒリヒリしていました。今までそのようなことが無かったので、「気持ち悪いナァ...」と思っていました。こんなちょっとした違和感を抱えながら、友達とインドカレー屋に行った時のこと。僕は辛いのは得意な方だと思っていたので、中辛を頼みました。周りの友達は中辛や大辛を頼んで「美味しい」「美味しい」と食べていましたが、僕はその辛さで死にそうになってしまいました。「僕としたことが...舌が痛い!!」。その痛みは2日ほど残り、僕は辛いのが苦手になっている自分に気づきました。

f:id:ilohaspeach:20180711163657p:plain

きっと味覚が優しい味に慣れ、インドカレーのスパイスに耐えきれなかったんだと思います。

前回の記事で「有機野菜は明らかにおいしい」という趣旨の記事を書いたけど、もしかしたら舌が敏感になって、普段よりもおいしく感じていたというのが本当のところかもしれませんね。

*1:にぼし、昆布、かつおぶし、そして野菜から出汁をとっていました。醤油やみそなどは自家製のがありました。