icuniicuの長いツイート

どうも、@icuniicuと申す者です。Twitterに書きづらいツイートをもっと自由に呟きます。

「賢い奴」について、おじさんが文句を言う

とあるおじさんの「賢い奴」批判

農作業がおやすみの日、僕はバイタリティーのある、とあるおじさんに会いに行きました。彼は「賢い奴」に対して愚痴をこぼしていたのですが、それが的を射ているように思ったので、残しておこうと思います。

彼の主張はこうです:「ある程度賢い奴は、何をするのが大変か分かるから行動を起こさない」。

彼の主張:「リターンの計算が下手」

「ヤギを飼いたいんですよね~」という、有名大出身の若者が彼のもとに来ました。その若者は、ヤギの飼い方について調べ、何が面倒かを理解していました。だから結局ヤギを飼わなかったという、何の変哲もない話なのですが...。

その若者に対して、おじさんがどう思ったかというと、「リスクはある程度正しく理解しているのに、リターンの計算が下手」「大変でも、それを超えるプラスがあればいいはず。彼はそのプラスについてちゃんと考えられていないのでは?」「行動を起こせば、たまにラッキーで大当たりすることもある」。

自治体だってそう。誰からも批判されないようなイベントに予算をかける。例えば地元のコマ回し体験イベントがあったとして、君、行きたいと思う?せいぜい地元の人がちょっと行くだけでしょ?自治体は安全策だと思うイベントを毎年毎年やってるだけ。だから自治体が企画する町おこしのイベントとか、大抵失敗してるんだよ」。

f:id:ilohaspeach:20180712114708p:plain

原因は?

なんでリスクは計算できるのにリターンの計算は上手くないのでしょうか?その理由を考えてみました。

1.人間、失うことの方が怖い

有名なマグカップの話が例として挙げられることがあると思います。他人のマグカップは安い値段に設定するのに、自分のマグカップには高い値段をつけようとするというようなやつです。人は、一度あるものを手に入れたと思うと、その手に入れたものの価値を過剰に評価してしまうという性質があるみたいです。つまり、一度手に入れたものは失いたくないということです。だからリターンを過小評価して、リスクを過大評価してしまう可能性があります。

 

2.リターンは計算が難しい

とあるプロジェクトのリスクとリターンを両方計算するとします。このとき、リスクは割と簡単に計算できます。なぜなら人件費などの費用が金額としてハッキリわかるからです。

しかしリターンはどうでしょう?もしかしたら大ヒットするかもしれないし、ほとんど利益がでないかもしれません。リターンの計算は運の要素が大きく、中々正しく計算することはできないと思います。

 

僕の感想

おじさんのしていた批判は、僕に対しても刺さりました。僕は臆病なので、リスクだと思うことに中々手を出すことができません。彼の言う通り、僕はリスクはある程度想像します。でも僕はリスクばかり見ていることも多かったと思います。ちゃんとリターンも冷静に想像して、どっちが大きいのかを比較するべきだと思いました。

例えば50%の確率で1000万円を手に入れられるが、50%の確率で100万円を失うという勝負があったとします。冷静に考えて、勝負するべきだと思います。でも僕は勝負しないと思います。お金無いし~。そんなことしてると、きっとおじさんがやってきて、僕に文句を言いに来るでしょう。