icuniicuの長いツイート

どうも、@icuniicuと申す者です。Twitterに書きづらいツイートをもっと自由に呟きます。

ダルそうにしている学生がモテる理由

ダルそうな人が意外とモテたりした学生時代

友達とつるむのが好きで、授業中はダルそうにしている学生。パッと見だらしないように見えるのですが、意外と彼氏彼女がいたりします。逆に先生の視線を気にしながらガリガリ勉強している人がモテるという印象はありません。

f:id:ilohaspeach:20180717114319p:plain

ダルそうな人は、制服をダラっと着て、ちょっと遊び心あるファッションにしたりします。先生に従順ではなく、自由にやっている感じがします。彼らがモテる理由を考えてみると...オシャレのセンスがあったり、大人にも反抗できる度胸だったり。いくつか考えることができます。

 

怠けている人も役割があるという話を書いたのでよかったら読んでみてください。

icuniicu.hatenablog.com

 

彼らはどうしてモテるのか?それを伝統芸能の体験をしながら考えていました。

 

体の力を抜くことの重要性

山梨にいた間、かつてICU伝統芸能について教えていたおばあさんに出会いました。その縁で、1度だけ彼女に「さんさ踊り」という踊りを習いに行きました。彼女が重要視していたのは「力を抜く」ということです。

無駄に力を入れないこと、自然な体の動かし方で踊ることが重要だと言っていました。これは伝統芸能に共通することだそうです。

力が抜けた方が美しい。だから男性よりも女性の方が美しく踊ることの方が多い。若者よりも年寄りの方が上手いことが多い。力がそもそも少ないので、上手くなりやすいということです。

 

力を入れない動きは美しい

僕は人生を通じて優等生タイプで、大人が喜ぶように行動していることが多かったです。他人の視線をちゃんと気にしているので、緊張しやすかったり、すぐパニックになったりします。

一方ダルそうにしている学生は、リラックスしています。自分のやりたいようにしようとします。自分に自信があります。だから彼らは無駄な動きが少なく、物事を効率よく、そして美しくこなすのではないか?というのが僕の仮説です。

 

まとめ

自分に自信があったり、普段リラックスした態度を取る「ダルそうな」学生。この人たちはリラックスしていて、楽しむ力が他の人より強いような気がします。また恋愛においても、「好きな人」と話すときにリラックスしやすいのではないでしょうか?だから、結果上手くいくみたいなことがあるのではないかと思います。

とにかく力を抜いていると、体力を消耗しないし、ストレスも溜まらないし、それなのに良い成果を残すことができます。女性やお年寄りが伝統芸能が上手なように、最初から力を抜いて挑めば、上手くなるのもコツをつかむのも早いのでは?

もちろん短期戦なら力を入れてゴリゴリやるのもありかもしれませんが、日常的にはリラックスしている方が色々上手くいくのではないかと思いました。