icuniicuの長いツイート

どうも、@icuniicuと申す者です。Twitterに書きづらいツイートをもっと自由に呟きます。

地方でバイトするのか?都会でバイトするのか?

これから岩手県でバイトして暮らそうと思っているのだが、1つ疑問点がある。「どっちの方が楽な生活が送れるのだろうか?」ということだ。結論は、どっちもどっちということになった。なぜか?

2つの観点から考えていきたい。1つ目は支出の違い。2つ目は便利さの違いだ。

 

ゆる~く働くなら地方、ガッツリ働くなら都会

まず支出を比較する。

都会と地方で大きく異なるのが家賃だ。都会では家賃40000円、地方は20000円とする。その差は20000円だ。それ以外の支出は大して変わらないものとする(シェアハウスに住むのを前提に、家賃は安く見積もっている)。

次に収入を比較する。

都会でバイトすれば、1000円/h程度もらえるのに対し、地方でバイトすれば800円/h程度だとする。

 

したがって、家賃は都会が20000円ほど高いが、その分収入も都会が200円ほど高いということになる。月に100時間働けばその差はひっくり返り、都会の方が楽に収入が入る。一方で100時間も働かないなら地方の方が楽に収入が入ると言える。

上に書いたことを下でグラフにした。都会(オレンジ)では家賃40000円分の支出を背負っているが、自給が高いので100時間の労働で地方に追いついている(地方は家賃20000円分の支出からスタート)。

f:id:ilohaspeach:20180722101421p:plain

 

僕は月に80時間程度(64000円/月の収入)しか働かない見込みなので、この論理なら地方の方が楽に暮らせると思われる。

 

色んなところに行きたいなら都会、近場で済ませられるなら地方

次に便利さの比較をする。地方の方が不便だ。

例えば交通費が多くかかる。10月にIT系の資格試験を受けにいくのだが、盛岡まで出るのに往復8000円かかる。朝早い試験なので前日に泊まる場所が必要で、これに4000円くらいかかる。その試験を受けに行くだけで12000円程度の支出になると分かった。

これが東京なら往復2000円ほどの交通費で済むだろうから、そこで10000円の差がでてしまった。

交通で考えると、地方はすぐ近くにコンビニなどがあるとは限らないから、そこも若干不便だ。

 

しかし地方の強みはその土地代の安さだ。僕は農業をもうちょっとやりたいと思っているので、その点で地方が便利だ。東京で農業するにはお金がかかる。

 

まとめ

お金を節約するためには地方で活動すればいいと何となく考えていたけど、都会も悪くない選択肢ではあるのかもしれないと思った。インターンなどをするために、冬ごろから東京で過ごそうかと考えたり。どうしようか。。。